So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

腰 痛 【 内臓と筋肉の関係 】

     

        ◆ 腰痛と関係する、筋肉と内臓 ◆

  腰痛2.JPG

  腰痛の原因は、大腰筋

 O

腰痛の原因にはいくつかありますが、多くの場合は腰と臀部の筋肉の血行不良です。O

筋肉が緊張したことで、血流が悪くなり、痛みを引き起こします。O

ではどうして、背部の筋肉が緊張したので しょうか?

  

   

 daiyoukin.jpg

 

 お腹の奥の方に大腰筋という筋肉が、左右に二つあります。股関節を曲げる働きをしています。O

・腰の骨の前面にある大腰筋が縮むと、反対側の腰の筋肉が伸ばされることで、血流が悪くなり痛みを引き起こします。O

・腰部の筋肉の縮む原因は、腰の前面にある大腰筋が原因だったのです。

O

ではどうして、大腰筋が縮んだのでしょう?

       

       腎 臓が弱る

   jinzo.JPG    

 

  骨盤の後面の図骨盤3.JPG

O

腎臓の働きが弱ると、反射的に大腰筋が縮みます。

O

右の腎臓が弱ると、右の大腰筋が強く縮みます。 O

O

O

すると、の部分の仙骨と腸骨が合わさる、仙腸関節が離開するので、その部位の筋肉が緊張し、血行が悪くなり痛みが起きるのです。O

O

ではどうして、大腰筋が縮んだのでしょう?

   

  脳は体の司令塔

  脳.JPG

O

=脳は体の司令塔です。筋肉も内臓も脳からの神経伝達によって、正常な働きが出来るわけです。 

O

頭の血流が悪く必要な信号が、体中に充分伝わらないと、筋肉・内臓の働きが落ちてしまいます。

頭の血流を良くして、脳を活性化することが必要なのです!

 

 脳せき髄液調整法は・・・

 O

◆頭の血流を改善し、脳を活性化します。

◆元気になった脳から充分なエネルギーを、内臓・筋肉へスムーズに流し、体全体の血流を良くすることが、つらい症状の改善につながります。 

 O

◆ 腰痛の原因となるその他の筋肉と内臓 ◆ 

 

   腹直筋(腹筋)  と     十二指腸

   腹直筋.JPG        十二指腸.JPG

     

  十二指腸が弱ると反射的に、腹部の腹筋が縮みます。

 すると背部の筋肉が伸ばされ、血流が悪くなり痛みが

 起きます。

O


      広背筋    と    膵 臓

   広背筋.JPG      膵臓.JPG

  膵臓が弱ると反射的に、腰部にある広背筋が緊張し、

  縮むことで血流が悪くなり、痛みを引き起こします。 

  

                          

aoki 下段.JPG

2018


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。